りゅんさんの誕生日の話?本の発売日の話?いえ、ケーキの話

らっきょの日記

明日はりゅんさん、15歳の誕生日です

おはようございます!らっきょです。
いよいよです…。
ついに待ち焦がれた日がやってきます。

2023年4月4日。

そう、明日。

明日は…
待ちに待った…

りゅんさん、15歳の誕生日~~~~!!!!!
おめでとう!!
りゅんさ~~~ん!!!

(ドンドンドン!!パフパフ!!)

んあ?という顔

ま、待て!

違う!!

い、いや、違わない!
違わないけど、ちょっとだけ違う!

りゅんさんの誕生日はめでたい。
めでたいから違わないけど、今言おうと思っていたこととは違う。(ややこしい)

明日はkindle本「#今日のねこ様2022」発売日です

そうなんです。
明日はりゅんさんの誕生日でもあり、かつ、らっきょ2冊目の電子書籍#今日のねこ様2022の発売日でもある日なのです。

#今日のねこ様2022
Amazonでらっきょの#今日のねこ様2022。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

ダブルでめでたい。

なので明日は、おいしいケーキでも買ってきて食うたりましょうかね~。
と思っているのです。

りゅんさんにも、おいしい猫用おやつ奮発したりましょうかね~。
ついでに、ぽこさんやぱんちゃんやろなちゃんやのい君にも、おこぼれの猫用おやつを準備したりましょうかね~。
仕方がないから、なむお氏にもカステラの切れ端を準備したりましょうかね~。

カステラの切れっ端しか準備してもらえない、なむお氏がかわいそうだと思いましたか?
そうかな~??
カステラの切れ端、めっちゃ美味しいけどな。

お祝いにミルキーじゃないケーキを買いましょう

実は、牛乳のにおいと味が苦手ならっきょ、クリームたっぷりミルキーなケーキは食べられません。

牛乳自体にアレルギーがあるからダメ、とかいうわけではなくて、牛乳のあの独特な味とにおいに「オエッ」となってしまうだけの、ただの好き嫌いです。

ただの好き嫌いなんですが、結構な好き嫌いで、鼻をつまめばなんとか我慢して食べられる(飲める)というレベルではなく、鼻をつまんでいても口から臭気を吸い込むだけで嘔吐反射が出てしまい、口に入れることすらできません。

ですから、ケーキ屋さんに行ってケーキを選ぶときには慎重に吟味する必要があります。
美味しいと評判だったりする上等なケーキ屋さんのケーキには、とってもミルキーな生クリームなどがふんだんに使用されているからです。

らっきょ的観測によると、上等なケーキであればあるほどミルキーさが高く、下等なケーキであればあるほどミルキーさが薄れるという法則があります。
ですから、1個400円を超えてくるような上等なケーキは、高確率で食べられないものが含まれてきます。

チョコレートのケーキなら高確率で食べられます

そんな中で、これを選べば失敗しない、間違いなく食べられると言えるのは、チョコレートのケーキです。

ガトーショコラ
100%食べることができます。
ただし、お皿に盛りつけられて、白いクリームをたっぷり添加されると、途端に食べられなくなります。

ザッハトルテ
大好きです。
よく買います。

チョコクリームのケーキ
大体食べることができます。
できますが、チョコレートと生クリームの配合のバランス次第で食べられないことがあります。

1個500円を超えるようなケーキの中には、チョコクリームの中にもミルキーさを含有させた複雑怪奇な味を楽しむものがあります。
その複雑な味を楽しむのが、セレブのたしなみなのかもしれませんが、らっきょ的には、

チョコはチョコでええんじゃあ…。
余計なことをせんとってくれえ…。

となる案件なのであります。

その他のケーキはどうでしょうか

続いて、これはギリギリ行けるだろ…。
という、食べられる確率50:50のケーキ、それがモンブランです。

黄色い栗クリームのモンブラン
70%食べることができます。

定番の黄色い栗クリームのモンブランは、買い求めやすい価格設定をされていることが多いです。
350円とか。
そのレベルのケーキであれば中に白いクリームが使われていたとしても、バニラ風味が強いホイップクリームである可能性が高まります。
黄色い栗クリームの味に紛れ込ませれば、なんとかイケます。

茶色い栗クリームのモンブラン
食べられる確率が、30%に爆下がりします。

茶色い栗クリームのモンブランは、大体の場合、黄色い栗クリームのモンブランよりも高額設定をされており、ちょっと店主こだわりの雰囲気を醸し出します。
らっきょ的観測によると、店主のこだわりが高まれば高まるほどミルキーさが高まり、こだわりが薄ければ薄いほどミルキーさが薄れるという法則があります。

400円を超えてくる茶色い栗クリームのモンブランは危険です。
しかし、400円を下回る茶色い栗クリームのモンブランは稀有ですから、選択肢から外れていくことになります。


その他のケーキはどうでしょう?

チーズを使ったケーキ、食べられません

カスタードクリームを使ったケーキ、食べられません

白い生クリームがたっぷりのケーキ、もちろん食べられません

なんということでしょう…。

ケーキ屋さんに行くのをやめることにしました

ケーキ屋さんのショーケースの中には色とりどりのキラキラした美味しそうなケーキがたくさん並んでいて、皆さん選ぶのが大変で5分くらいは平気で悩めるのだと思うのですが、らっきょは秒で終了します。大体のお店、チョコレートのケーキは2~3種類しかないからです。

…なんだかここまで書いてきて、今更ながらに気づいたことがありますよ。

なんだか、人生損してる気がするううううう!!!!

もう行かん!!
ケーキ屋さんなんか行かん!!

カステラ屋に行く!!!
1本5,000円くらいする高級カステラ、切らずに恵方巻スタイルで端からバクバク食べてやるうううううう!!!!!

あ、もちろん、なむお氏用の切れ端も買って帰りますよ。
だって、お祝いですからね。

(りゅんさんには大好きないちごも買ってあげよう、と思いながらおしまい)